ちょっとしたコト録

日々の雑談に使う小ネタ備忘録

スイカチップスと西瓜糖~意外なスイカ加工食品

スポンサーリンク

「人生一度きりだし、試せるものは、試してみたいじゃない(^▽^)/」
と言いつつ、買い物袋の中身を二男に見せたら、

「あ~・・お母さん、またやっちまったな(´Д`)」
という顔をされました。 

カルディなどで、珍しいものを見かけると(&そんなにお高くなければ)
ついつい、試してみたくなるのです。

イカチップス:チップスというかドライフルーツ 

今回は、「スイカチップス(トルコ産) 」
カルディで、40g(小玉スイカ1個分相当)300円弱。 

何といっても、「スイカ」ですよ!
あの、「水分豊富」で「シャクシャクの食感」がウリのスイカをチップス!?

自らのウリを捨てて、敢えてなぜ乾かした?
バナナやブドウより、はるかに水分の多いスイカを、なぜ乾かした??

これは、食べてみなければ! 

家族の「どうせまた美味しくないの買ってきたでしょ?」 
という視線を感じつつ、OPEN!

チップスというか、ドライフルーツです。スイカの。

ダイナミックに皮も種もそのまま乾いています。
チップスに期待した「パリっ」感はなく、食感は「フニィ」です。

赤い実の部分のみのチップに当たれば、
よく噛んでいるうちに、スイカ風味が広がってきます。

ははっ(^^;)確かにスイカだ!
美味しいか?と問われると・・・乾いたスイカ以外の何でもない(^^;)

袋には、「旅行のお供に」「ティータイムに」とあるけれど、
非常食にはなっても、少なくとも旅には連れていかないと思うぞ!?

ちなみに、リコピン豊富で、この一袋に「生食用トマト6個分」のリコピンが入っているそうです。

でもさ、だって一袋が西瓜1玉分乾かした量でしょ。
そりゃ、トマト6個分くらいは・・・なんて、ちょっと思ってしまいました。

家族みな、一口ずつ食べたのみ。
何となく、残りは私が責任もっていただきました(^^;) 

こんだけ「イマイチ」と書いていてなんですが、こんな風なものです。↓↓ 
国産は、さすがに見た目もキレイですね。

西瓜糖:ジャムとはちょっと違う煮詰まり感

2~3年前、お土産で「西瓜糖」をいただいたことがありました。

あの、「水分豊富」で「シャクシャクの食感」がウリのスイカを煮る!? 

何しろほぼ水分なので、商品にもよりますが、
150g1瓶作るために、中玉(5~6キロサイズ)1個分の果肉を使います。

煮詰めて商品にするのに、一体どれくらい時間のかかることやら・・・

濃縮されたスイカの甘味。
ジャムとは違い、煮詰まり感があり、とにかく「糖」ですから甘いです。
爽やかな果実に火を入れたら生まれる、あの独特の風味。

申し訳ないけれど、
「あなたの爽やかさが好きでした」と思ってしまうあの風味。

こんだけ「イマイチ」と書いていてなんですが、こんな風なものです。
私が頂いたものほど、煮込まれていないかも? ↓↓ 

イカ加工食品は注目されているのか? 

イカの加工食品って意外ですよね。こんな珍しいもの食べたんです(^▽^)/。

と、ブログを書くつもりで、何気に調べたら、 
イカ加工食品は、健康食品として割と注目されている様子で、ちょっとびっくり。

ウリ科に多く含まれる、スーパーアミノ酸シトルリン」が、スイカには特に多く含まれるのだそうです。

シトルリンはこのNO(一酸化窒素)を生み出します。そして、NOには血管を拡張し血流を促進する作用があります。それにより、動脈硬化の緩和やスポーツ時においてパフォーマンスアップ、疲労回復などの効果が報告されています。

協和発酵バイオの健康成分研究所ホームページ

www.kyowahakko-bio-healthcare.jp

しかも、スイカの皮の白い部分に、特に多いらしい。
ということは、皮ごと乾いた「スイカチップス」って、もしかして優秀?

シトルリンリコピン豊富なスイカを、生のまま食べると水分が多く、身体も冷える。
しかも、夏場以外手に入りにくい。 

 ということは、濃縮させ、年中食べられるようにした「西瓜糖」って、
これももしかして優秀??

珍しかったです。味はイマイチだったな~。
なんて感想だけでなく、

 「もう少し、心して食すればよかった」と、ちょこっと後悔しています(^^;)

↓ にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村