ちょっとしたコト録

日々の雑談に使う小ネタ備忘録

雨粒の音楽、雫の中の虹

スポンサーリンク

雨の日は、濡れるし、洗濯物は乾かないし…と、憂鬱ではあるのですが、
子どもの頃から、雨の音や匂いは好きなんです。 

子どもの頃は、雨の日、軒先に空き缶空き瓶を並べていました。

軒先から落ちる雨粒が、缶や瓶にあたり、楽しい音が聞こえます。
かんっ♪
ぴちゃんっ♪

雨が強くなると
かんっ♪かんっ♪ぴちゃ♪ぽと♪かんぽちゃ♪かんかんかぽとぽと♪
結構陽気な雰囲気。楽しい音楽のようです。

「ぴちゃっ♪」の瓶に雨粒が溜まってくると、「ぽちゃん♪」になり、
外に出て瓶をひっくり返し、また「ぴちゃっ♪」を楽しみ…。

静かな田舎ならではの、のんびりした雨の日の楽しみでした。 

 

夜半に降った雨が、朝上がり、晴れてくる頃が、子どもの頃から大好きでした。(今でもです(^▽^))

物干しざおや、庭の草木に残った雫に、明るい日の光が差すと
キラキラと輝いています。

雫が風に揺れたり、自分が動いてみたりすると、雫はプリズムのように
赤や青、緑、ピンクと様々な色に輝きます。 

キラキラ光る雫

雨上がりに、光が差したら、
空の虹だけでなく、小さな雫の中の虹も探しています。

憂鬱な雨の季節にも、この季節ならではのワクワクを探して
ちょこっと楽しく過ごしています。 

今週のお題「雨の日の過ごし方」

↓ にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村