ちょっとしたコト録

日々の雑談に使う小ネタ備忘録

酸っぱくないトマトカレー作りにはトマトピューレがおススメ

スポンサーリンク

カレーにトマトを入れますか?

我が家のメンズはカレー大好き。
そして、我が家は常にカレーはトマト入りです。

私は、辛いモノが得意ではない上に、酸っぱいモノが大の苦手。
トマトカレーは辛いやら酸っぱいやらで、1人テンションが下がります。

辛いのは仕方ないにしても、せめて酸っぱくないトマトカレーを作りたい!
アレコレ試した結果、トマトピューレを使ったトマトカレーにたどり着きました。

トマトカレーの酸味の原因は「クエン酸

 カレーにトマトを入れるようになったのは、
カレー好きな夫がスパイスカレーにハマったのが始まり。

趣味として夫に「料理」を勧めていた中で起こりました。

www.honsaki.com

カレーは、お肉、タマネギ、ジャガイモと人参を炒めて、グツグツ煮て、
市販のルーを入れて完成!と思っていたのですが、

やり始めると凝り出す夫は、スパイスカレーの本で研究して、
何だか本格的なカレーを作りだしたのです。

スパイスも定番のモノは買いそろえ、さらに「トマトを入れるんだよ!」と言うのです。

最初は、余り気味のミニトマトを利用。
う~ん。本のとおり作ったけれど、おいしいけれど少々酸味もある。
でも、これがスパイスカレーなのかも?
本場の皆さんは、この酸味が好きなのかも?おいしいのかも???

やがて、生のトマトではなく、もっとお手軽に、
缶詰のホールトマトや紙パック入りのカットトマトなどを利用。

スパイスカレーではなく、市販のルーを使った普段のカレーにもトマトを入れるようになりました。

栄養価は上がるし、本格的な味のような気もするし、おいしさアップ。
でも、やっぱり結構酸っぱい。酸味が苦手な身としてはツラいレベルで酸っぱい(-_-;)

煮込み時間を長くしても、「次の日のカレー」でも酸っぱい!!

 

栄養価的に、私としてもトマトは入れたい。
でも、酸っぱいモノは食べたくない。

そもそも、あの酸味はなんなんだ?と思ったら、トマトの酸味の原因はクエン酸
そして、クエン酸の分解温度は「 175℃」

175℃以上の温度で加熱すれば、酸っぱくないハズなのだそうです。

それまで、カレーを煮込む時に、水と一緒にトマト(生でも缶詰でも)を入れていたので、175℃以上にならず、
どれだけ煮込み時間を長くしても、酸味が消えなかったのです! 

トマトピューレで酸っぱくないトマトカレー

それならば!と、最初にタマネギとお肉を炒め、すぐトマトを投入。
グツグツと煮込んでから、他の野菜とお水を入れることにしました。

あら不思議、酸味がなくなっています。(美味しいー(´∀`*) 

それでも、ホールトマトを入れてから、結構グツグツしないと、
うっかりして「酸っぱいカレー」になってしまうことも。

そこで、我が家では「トマトピューレ」を利用することにしたのです。

トマトピューレとは、ピュレ(ピューレ)の一種で、トマトを煮込みピュレして作る食材である。
また、それを煮詰めて、水気を飛ばし濃縮したものも指す。

(引用:ウィキペディアWikipedia))

カゴメのトマトピューレは、3倍に濃縮されています。
我が家では、適当に、1L~2Lのカレーを作る際1瓶全部入れています。

カレー頻度が高いので、瓶が溜まって仕方ないのですが、
パウチタイプだと捨てる時便利だな~。

 

カレーにトマト。
コクが増して美味しいですよ。

トマトの酸味が苦手な場合は、是非ピューレをお試しください(^▽^)/

↓ にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村