ちょっとしたコト録

日々の雑談に使う小ネタ備忘録

雪の日のバスでのちょっとしたコト

スポンサーリンク

「雪が積もった!」がニュースになるほど、雪の滅多に降らない地域に住んでいます。

昼でも雪が溶けないなんて! 

雪国のみなさん、ごめんなさい(・・;)
こちらでは、雪がとっても珍しいのです。

どのくらい珍しいかと言うと、
「雪が降った日」が何かの基準になるほど。

「あの、ほら、アレを出したのいつだっけ?」
「あ~・・あの、雪が降った日の次の日よ!!」
「そっか~。そうだったね~。」なんて具合に。

 そして、大抵、積もらない。
万一積もっても、うっすらで、午前中には消えてなくなります。

それなのに、今回の寒波は 昼でも雪が溶けないなんて!
こうなると、これは年単位の基準になります。つまり、

「そう言えば、おじいちゃんのお祝いしたのいつだっけ?」
「う~んと・・ほら、あの雪が積もった年よ!」
「そうか~もうそんなに経ったかねぇ。」なんて具合に。 

雪の積もる街

寒いのは苦手だけれど、↑こんな景色にちょこっと憧れもあるのです。 

雪の日の外出

そう言うわけで、雪道を歩くなんて危なっかしいのですが、今日はどうしても出かける用事がありまして。

用事先は、1駅向こう。でも、JRのダイヤは乱れまくりです。
通勤時間は終わっているので、駅は
「仕方ないか~。な に し ろ 雪降ってるもんね~。」という空気。

まあ、仕方ないけど、こんな時、車に乗れないとやっぱり不便・・?
いや、万一乗れても今日は無理だわ!私はきっと。

アプリで確認すると、バスはどうやら動いていて、もうすぐバス停に着きそうです。
(ほんと、便利になりましたよねっ!)

約束の時間に遅れないように、 相当早く家を出たので、時間はたっぷりある。
バスの方が目的地近いし、ココ寒いし。
よし!バスで行こう。

バスでのちょっとしたコト

バスに乗り込みます。
通勤時間も過ぎ、乗客は基本お年寄り、ときどき小さなお子さんとママ。 

さあ出発!と思いきや、運転手さんがおもむろに立ち上がり

「え~。車両点検と・・え~・・
トイレ行ってきますっ! 」 ダダダっ!

取り残された乗客は、一瞬ぽかーん(゜o゜)?

やがて、私の1つ前の座席に座っていた老夫婦が口を開きました。

夫「寒いし、こんなノロノロ運転だし、運転手さんも行ける時トイレいっとかんとなぁ。( ̄∇ ̄)ハッハッハ」
妻「そうよねぇ。な に し ろ 雪降ってますもんね~。」

バスの中は、「だよね~。な に し ろ 雪降ってるもんね~。」とのんびりムードに包まれました。

それにしても運転手さん遅いな。お腹痛いんかな??と心配になった頃、
またしても前の座席から、今度はヒソヒソ声が。

妻「ねぇ、運転手さん置いてっちゃおうか?あなた(夫)運転しちゃいなさいよ!
ビックリするかしら。(´∀`*)ウフフ」

夫「え~?(⌒▽⌒)アハハ」

私(あらら、運転手さん急いで~(ノ´∀`*) )

それからすぐに運転手さんは無事戻り、ガタガタゆれるノロノロバスは平和に進んでいったのでした。 

↓ にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村