ちょっとしたコト録

日々の雑談に使う小ネタ備忘録

麻酔の効き具合とお酒の強さは関係あるのか??

スポンサーリンク

私はお酒が弱いのです。

うかつに「生ビール!」なんて注文したら、
飲み放題の2時間を、ぬるい生ビール1杯のみで過ごす羽目になります。

そして、私は麻酔がよく効くのです。

「10数える」どころか…

訳あって全身麻酔を受けたのは、まだ30代の頃でした。

初めての全身麻酔

「二度と目覚めなかったらどうしよう」と
「麻酔が効かなくて、ムチャクチャ痛かったら…Σ(゚д゚lll)」が頭の中でグルグル。

そうこうしているうちに、看護師さんが登場。
にっこりしながら、こう言われるのです。

Ns.「今から麻酔の注射しますね。10数える間に効いてきますからね。」
私「10以内に効かないことってあるんですか??効かなかったらどうしましょう。」

Ns.「まあまあ、落ち着いて。大丈夫ですよ。(´∀`*)ウフフ」
ぶすっ
Ns.「はい。いーち。にーぃ・・・・・」

麻酔で眠る患者

にっ2秒じゃん!
あぁ、きっと看護師さんはそう思われたに違いないのです。

大腸カメラは寝ているうちに 

その後、訳あって大腸カメラを受けたのは40代後半。

大腸カメラは、検査よりその前後が非常にしんどかった!
とにかく、あの下剤を2リットル飲むのが…。思い出すだけでもう…。

え?検査自体は痛くなかったのかって?
あぁ、えぇ、実は・・思い出せないのですよ。

麻酔(鎮痛剤)を注射していただき、検査台の上に寝ころんでいる私に、
Dr.「では、私が検査をする○○です。よろしくお願いしますね。」と
先生(医師)が丁寧に声をかけてくださって・・・

 

麻酔で眠る患者

Ns.「ほんさきさ~ん。もしもし?ほんさきさ~ん!」 

ゆっさゆさと揺り動かされ、目覚めると、そこは検査前に使っていた控室。

(うん?いつの間に、イスに座っているの?わたし。) 

Ns.「検査終わってますよ。
・・あの・・それで、実は、もう病院終わる時間なのですが・・」

私「えーー?ごめんなさい。帰りますっ!」
フラフラしながら、家路についたのでした。

ママ友に勧めたら…

「この年になると、大腸カメラ受けてたほうがいいかな~?でも、痛そうだよね…。」と言うママ友に、おススメしたのです。

私「あの病院、先生も優しいし、なんてったって麻酔して検査するから
寝ている間に終わるよ!寝てるからちっとも痛くないよ!!」

私「まぁ、検査前の下剤と、検査翌日のおなかグルグル(腸が動く!?)は辛いけど、それは、どこで受けても同じだし。」

友「わぁ、寝ている間に受けられるんだ!いいね。そこに予約してみるね。」

 

さて、後日。そのママ友にお会いしたら、

友「ほんさきさん。検査中さぁ、全然寝てないよ。起きてて会話もしながらだったよ。
控室にも、徒歩で自力で戻ったし。
でも、そんなに痛くなかったし、いい病院だったよ(^▽^)。」

私「えーー?寝てないのー?ごめん(;'∀')」
友「時々さぁ、いるんだって看護師さんが言ってたよ、寝ちゃう人(´∀`*)ウフフ」

うわーー私はどうやって控室に運ばれたのだぁ??

どうして私は寝ちゃったのに、ママ友は起きてたの??それがスタンダード?
ほぼ同じ年のママ友と私の相違点は?何が違うのか??

そして、ふと思い出したのです。
このママ友は、なかなかの大酒飲み。きっとそれだわ! 

注)麻酔の効き具合とお酒の強さは、実は関係ないと言われています。
お酒の強さより、むしろ当日の体調によるところが大きいのだそうです。

あくまでも1体験ですが、
お酒が弱い私は、非常に麻酔の効く患者であることは、間違いありません。

↓ にほんブログ村に参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村